変形性膝関節症

kansetsutsuu 当院では変形性膝関節症と診断されて、病院で治療を 受けているがあまり良くならずに来院されるケースが 多くあります。

主に高齢の方に見られやすい症状になります。

「変形性膝関節症」について書きましたので良くなりたいと 考えてる方はぜひ一読していただくと幸いです。

変形性膝関節症ってどんな症状?

一般的には中高年に起きる症状になります。
通常、膝関節は関節の表面が軟骨で覆われてます。
その軟骨が衝撃をしっかり和らげたり、関節の動
きをスムーズにしてくれてます。

変形性膝関節症とはその軟骨がすり減ってきて
しまう症状です。初期の段階ではあまり痛みな
どはありませんが、症状が進むにつれて痛みが
伴ってきます。

✔膝を曲げたり伸ばしたりが辛くなった。

✔階段が辛くて痛くなった。

✔何もしなくてもうずくように痛くなった

✔痛くて歩けなくなってきた

✔膝に水が溜まってきて水を抜いても痛みが引かない

軟骨がすり減り、関節の土台が露出したり、骨棘
という骨が変形したりします。
そうなったら痛みはさらにひどくなります。

変形性膝関節にはこんな施術をします

膝が痛い 他の施術同様、まずはバランスチェックからはじめます。 変形性膝関節症は加齢などだけが原因ではなく、いかに 軟骨がすり減ってもバランスが取れていれば痛みを緩和 させることは可能です。

逆に言えば、いかに患部に注射などの処置をほどこしても 股関節や骨盤の歪み、バランスを取らなければ痛みや辛さ はさほど変わりません。それよりもなぜそうなったか追及 していく
ことが重要になります。

仕事の仕方、生活習慣の改善、色々な要素が合
わさり症状を引き起こしていると考えてください。

膝は体の最後に痛くなるところと言われています。
ですので、施術だけでなくご自宅でできる体操や
ストレッチ、歩き方までしっかり指導していきます。

ご予約

電話でのご予約は

電話でのご予約は0797-57-5583

インターネットでのご予約は

ご予約フォームはこちら
このページの先頭へ