整体に対しての考え方

2021/09/27 ブログ
宝塚 腰痛

宝塚整体 健心堂の仙石です。

 

9月15日に隣の店舗がオープンしました。「あじむどり」という唐揚げ専門店で、お弁当の配達もしているようです。若い子達が多いお店なので、私みたいなおじさんが見ると気圧される感じです笑

 

頑張っているので一度買ってあげてください、私も食べましたが美味しかったですよ^_^

 

整体=身体を良くするところ

 

こんなイメージが一般的ですね、私もそう思いますし実際その通りです。腰痛の方 股関節が痛い方 膝が痛い方 猫背の方 頭痛がひどい方 痩せたい方など様々な用途で利用されてます。

 

私の考えもそうですが、もう一つの考え方、「健康な人がより健康に」というのがあるかなと思ってます。

 

基本、昔は痛い人が受けるよりは健康維持が目的で整体を受ける方が多かったようです。

 

昔は自分自身の身体や健康状態が分かる方が多かったみたいで、不調を感知する力が高かったと言われています。

 

そんな人達が健康のために受けていたのが今の整体みたいなのがあったようです。

 

現代、痛い、しんどいことが多いしストレスを感じることも増えてます。

 

不調を感じやすいからマッサージを受けたりするし、整体も増えてますよね?

 

ただ、不調の時に受けたらいいのか?というと、普段からしっかりと身体のケアをしないといけないと常々思っています。うちに来院する方の中には健康維持のために整体を受ける方が結構います。

 

来院されてる方の中には、毎年ぎっくり腰をしていたけど、習慣的にメンテナンスしてるからぎっくり腰はしばらく起きていない、また頭痛がひどかった人も最近は頭痛が無くて楽だよ、と言ってくださる方もいます。

 

日本は予防の概念が特に少ないかなと思っています。季節的なもの、今ならコロナもですが、そういった目に見える、メディアが煽るものには敏感すぎるくらい敏感ですが、自分の身体の普段のものには恐ろしく鈍感です。

 

自分の身体が今どうなっているか?そういった痛くない時こそ確認するのも大切だと思います。