腰痛と学校教育の話

2022/05/23 腰痛
宝塚 整体

宝塚整体 健心堂の仙石です。

昨日はすごい雷でしたね、私は雷が大嫌いなので布団で震えてました。正確には大きな音が嫌いなので、びっくりしてドキドキが止まらないのです。。

 

小学校、中学校は「上履き」があります。そのときはなんとも思わなかったですが大人になり、本も読み上履きって良くないんじゃない?と思います。

 

実は上履きは60年くらい同じものを使っているって知ってますか?時代により色々なものが変わるのに上履きは変わらないんです。女子なら今はブルマも無くなりました、男子もぴちぴちの短パンでは無くなりました、でも上履きはずっと一緒。

 

もちろん、地方によっては土足のとこもありますし、色々な違いもありますが、基本は足の甲の部分がゴムのやつが一般的ですね。(ゴムの部分に名前を書いたり)

 

あの靴を義務教育の間は長時間履かせるわけです。子供によっては踵を踏んでいたり、スポスポ脱げたりします、要するに履き物に対しての意識が日本人は低いって事ですね。

 

上履きにするメリットってなんでしょう?多分ですが、上履きは室内で履くので掃除がしやすいって事でしょうか?土足だと汚れますしね。

後は日本特有の靴を脱ぐ文化もありますね。

 

これは本に書いてましたが、上履きってめちゃ安いんですね、簡素な作りだし大量生産して保管もしやすい、だから1000円ちょいです。

 

足を守るものにはある程度強度もいります、現代だと道端には色々落ちてますから靴は必須、でもそこに無頓着だと身体は中々良くなりません。

 

先日、患者さんの靴を見ていたら随分と内に倒れてる靴でした。

それを説明したら、すごく納得してすぐ変えてこの靴は捨てますって言ってました笑

 

でもそれくらい履き物は大事になります、履くだけで歪むのでしっかりとした靴、サイズは間違えないようにしましょうね。