宝塚市の産後骨盤矯正 両親学級に参加した時の事

2020/04/12 産後ケア
logo

宝塚整体 健心堂の仙石です。

 

今日は家に閉じこもっています、幸い暇つぶしもあります、FF7リメイクでもやろうかなと思います。

 

新型コロナの感染力は強いみたいです。ですがやる事はしっかりと消毒、予防です。そして重症化しない身体作り。ほんとにこれだけです。怖がりすぎないようにしましょう。

 

 

上の子が生まれたのが13年前、上は東京で産まれました。奥さんが妊娠発覚直後からツワリがすごく、トイレから離れられない日々を過ごしていました。ほんとは宝塚市で出産予定でしたが、私の両親もその頃調子が悪くて奥さんにだけ目がいかなく、実家に帰したのを思い出します。

 

 

結局出産するまでツワリ?がありずっとゲーゲー吐いていました。それでも赤ちゃんはちゃんと育つもんです笑

 

 

しんどい中、両親学級に参加しました、その時に砂袋をお腹に吊るしてあるいたかのですが、こんなに重い?というのが率直な感想でした。女性は偉大だなと改めて感じさせられました。

 

世のお父さんも参加した方が良いですね。

 

両親学級に参加する、、、、

 

つわりなどの不快な症状が落ち着き、胎動がわかるようになってくると、母親としての自覚が芽生えてきます。一方、男性は妊娠を体感できるわけではないので、父親としての芽生はゆっくりです。

 

病院や保健所の両親学級に2人で参加してみるようにアドバイスをしてみましょう。

 

妊娠、出産、育児の大変さや楽しさをしることができたり、これから父親になる男性同士で話をしたりすることで、父親としての自覚をもつきっかけになるでしょう。母親側にとっても、不安を感じているときに予定日が近い人と話すことは、その不安を乗り越える貴重なきっかけになります。。。

 

 

私は患者さんは7〜8割は女性ですので、たくさんの話、体験を聞かせていただきますが聞くたびにに尊敬してしまいます。男なんてお母さんに比べたら、、、なんて考えてしまうものです笑

 

こんな時なので、みんなイライラしてしまいがちです。でもお母さんは休みがありません。しっかりみんなで乗り越えていけるといいですね。