宝塚市の整体院 院長の友達

2020/02/24 プライベート
犬

院長にはあまり友達がいません、ひねくれてる訳ではなく本当にいません。正確には会ったりご飯食べるような人はいないんです。

 

 

なぜこんな話しをするかというと、患者さんから、友達がいないのが悩みなんです、、、と相談されたからです。

 

 

私は父が亡くなった後にかなり孤独感に見舞われました。自分が思うよりダメージがありました、その時は友達がほしい、聞いてほしいと思ったものです。

 

 

でもそんな時にわたしを救ってくれたのが、当時来院していた患者さん達でした。人生において、私よりも先輩ばかりでしたので色々お話していただきました。お金を貰って話しを聞いてもらったりしていた罰当たりものでした。

 

 

私が思うのは、友達って必要かな?ということです。いなくても自分にとって必要な人は周りにいるんじゃないか?その時必要な人がいればそれでよくないか?

 

 

 

そう考えたとき、友達が欲しいなという気持ちはすっかりおさまりました。

 

 

 

相談された患者さんにもきっと周りに今必要な人がいるはずです、友達でなくても良いのかなと思ってます。

 

 

逆に言うならば、周りにいる人はみんな友達!という考え方もありなのかなと思ってます。いつも周りの方に感謝しています、ありがとうございます。

 

 

ちなみにうちの犬は私には懐いてません、他の家族のとこにばかりいきますが、誰もいないと私のとこに来ます、その時はきっと犬は私を必要としてるんですね。